2017年1月15日日曜日

「rogue one」と「国家の品格」

この数日、馬齢堂にはめずらしく、戦闘的な気分になっていて、このヤローっ、みたいな……でも、大丈夫だ、仕事にはプラスになるかな、と……そういうしだいで、「試み」、10章にはいったところだ、いわゆる<南京事件>のクライマックスだ、強弁にならぬよう慎重に書くべく、もっか、考えちゅうで、既存の学者・研究者をぎゃふんといわせるべく……。
「文藝春秋」の最新号の<大女優が語る昭和の映画>、いしだあゆみさんの<「寅さん」のひと言に救われた>のほかはみなつまらない、「新潮」に掲載された原節子さんの短いエッセーにかんぜんに負けている。それにひきかえ、藤原正彦さんの<父・新田次郎と母・藤原てい>のなかみの濃さが印象的で……これまでなぜか未読のままだった「国家の品格」をさっきダウンロードした。
きのう、桜木町のシネコンで「rogue one」を見たのだが、darth vaderが登場するあたりで退場した、この映画も映画づくりの基本を忘れていて、見るにたえないと思った、世も末だ、とも……。
6階のシネコンからの帰りに下の階の紀伊国屋の洋書売り場にたちよって、p.lemaitreの「the great swindle」という本があるのを発見、買いそうになったがあやうく踏みとどまった、ものの、けさ、そのkindle版をダウンロードした、が、とうぶん、積ん読(?)になるのはやむなしで……。

2017年1月12日木曜日

はしご。

むかし、たとえば常盤新平さんと午前1時ごろにその日分の仕事を終えたとき、どちらからともなく、行きましょうか、そうですね、行きましょう、でも割り勘ですよ、となって銀座へ勇躍・出撃、1軒ないし2軒のはしごをやったもので……そのころの習性のいまだ残っているらしい馬齢堂、きのう、降圧剤を常用する身になって7回めの<医者替え>を敢行した、<医者のはしご>だ。あたらしいお医者は、たまプラーザ駅から徒歩数分の循環器専門の某クリニックで、きのうは初診であるために課された検尿、心電図のテストに異常はなく、まずはめでたし、と……。
「ある軍人伝の試み」、少しずつ書いている、いま、紫金山からシナ兵がわらわらと逃げ下ってくる12月12、13日の到一さんについて考えている。
きのう、保野のバス停に立っていたとき、西の方角に富士山のあたまとその手前に丹沢山塊が見えるのに気づいた、下の画像がそれだ、風がとても冷たかった。

2017年1月9日月曜日

「新潮」11月号。

定時起床はいつものごとし、雨、暖かい、と思う。
「試み」、少しずつ書いている、時あたかも昭和12年12月11日、到一さんの<佐々木支隊>は紫金山北麓を西進、玄武湖北側へ向かわんとしていて……。
きのう、散歩にでて、駅の有隣堂で「新潮」の最新号を買った、宮本さんの連載「野の春」を読むためで……「新潮」といえば、きょねんの12月16日、アマゾンのマーケットプレイスで「新潮」11月号(「野の春」の2回めが掲載されている)を買ったのだが……アマゾンから<発送のお知らせ>なるメールがとどいたのが25日(遅いのだ!)、だったものの、以後、待てどくらせど届きません、怒り心頭にはっした馬齢堂、おととい、業者(店名は湘南の駅名2つをハイフンでつなげたもの)へキャンセルのメールをしたものの、これまたオトナシノカマエ!! 世の中、乱れている、と言うしかなく、たるんでるぞ、おい、こらっ、とも…。

2017年1月7日土曜日

教育勅語。

きのう、弟bから写真が数枚送られてきた、巻物状の「教育勅語」だ、おそらくは、昭和2年に、祖父が保育所を設立したとき、どこかの役所から、国の祝日にしかるべき儀式をとりおこなうさいに、これを朗読しなさい、の趣旨で下付されたものなのだろう。
馬齢堂にとって、この「教育勅語」は横浜市立太田国民学校、あるいは福井県立佐分利国民学校の講堂で、頭をたれて、校長先生の朗読する声に聴き入った時代がまざまざとよみがえってくる、という意味でともて懐かしい。いまとなれば信じがたいことではあるが、幼かった馬齢堂は、この難解な文章の大半を理解できていた、と思う……ほんとうだ。
たとえば、5行めからの、<……爾臣民、父母に孝に、兄弟に友に夫婦相和し、朋友相信じ、恭倹己れを持し、博愛衆に及ぼし、学を修め、業を習い、以て知能を啓発し、徳器を成就し……>と、そのあとの<常に国憲を重んじ、国法に遵い、一旦緩急あれば義勇公に奉じ……>などを熟読玩味・拳拳服膺してごらんなさいよ、さっこんの日本人が忘れ去って久しい<日本人であるための心構え>のようなものを教え諭していると感じるでしょう、感じなければおかしい、です。そのゆえに馬齢堂、この「勅語」の復活はあってしかるべきでは、と……。

2017年1月4日水曜日

司馬史観。

きょうから通常のルーティンに復帰するべく、4時20分に起きた、からだは回復した、と思う。
まずは「ある軍人伝の試み」だ、いま、到一さんは昭和12年12月10日、紫金山の北を西進ちゅうで、3方は敵だらけ、の状態にある。
ゆうべから、司馬さんの「中国・江南の道」を読みはじめた……司馬史観によると、日本は中国を侵略した、とするのに迷いはないらしく……がしかし、到一さんに寄り添う馬齢堂からすれば、そう言ってしまってはミモフタモナイ話であって……司馬さんへの反論は「試み」のなかにおいて行うべく……。

2017年1月3日火曜日

水づく屍。

昨夜、老齢艦<馬齢堂>は「美しが丘西海」において新鋭艦<ジェダイーfumitake>と壮絶・凄絶なるアルコール戦をまじえ、<馬齢堂>艦はあえなく大破、轟沈したるはいとあわれなりけり、嗚呼!……なお、後日、某国の某観戦武官の語ったところによると、戦いの後半に<ジェダイ…>艦の後方支援にあらわれた<陽子さん>艦の<獺祭>が昭和9年の就役で老朽化の顕著なる<馬齢堂>艦の息の根をとめたらしく……。

2017年1月2日月曜日

謹賀新年。

諸兄諸姉にとって、2017年が幸多き年でありますように。
正月もなにもないはいつもながらの馬齢堂、けさもふだんどおりに起きて、回らぬ頭を回らせるべくがんばっているはいとおもしろかりけり。
病床にある荒井から、なんとゆうべ、年賀メールがとどいた、うれしかった。
きょうは午後、甥、姪たちが大挙して訪れるらしい、飲みすぎにはくれぐれも注意するべく……。